ドライクリーニングと水洗いの違いは?安く出すおすすめの方法

二人組の女性 宅配クリーニングの基礎知識

初めてクリーニングに出すと、意外とわからないことが多いですよね。筆者も以前ドライクリーニングと水洗いの違いがわからず、クリーニング屋のおばちゃんの前で何度か恥をかいたことがありました……(笑)

いい大人になって、正しいクリーニング方法がわからないのは恥ずかしいですよね。
でも、安心してください!この記事を読めば、もうクリーニングで迷うことはありません!

本記事では、ドライクリーニングと水洗いの違いや賢く使い分ける方法、ドライクリーニングに安く出す方法などを詳しく紹介します。初めての人でもわかりやすいように説明するので、一緒に勉強していきましょう!

ドライクリーニングってなに?家の洗濯機ではできない理由

まずはじめに、ドライクリーニングは自宅の家庭用洗濯機ではできません。なぜなら特殊な洗浄方法なので、プロのクリーニング店でしかできないからです。

ドライクリーニングは水を使わずに、有機溶剤という特殊な洗剤を使う洗濯方法です。有機洗剤は油が原料なので、オイルや化粧品、ボールペンの跡といった油汚れを落としやすい性質があります。

また水洗いと比べて、ドライクリーニングは衣類へのダメージが少ない特徴があります。そのためデリケートな生地を使ったウールコートや、型くずれやしわを避けたいスーツ・ワンピースなどはドライクリーニングに出すのが基本です。

家の洗濯機に「ドライ」というボタンを見つけたことはありませんか?これは洗濯機の「ドライコース」のことで、ドライクリーニングとは全く別物です。
洗濯機のドライコースは、通常よりも少量の水で洗うことで衣類へのダメージを軽減させる方法です。手洗いマークのついている洋服や、刺繍やボタンなどの装飾がついている洋服を洗う際におすすめですよ。

ドライクリーニングと水洗いの違いは?

悩むカップル
ドライクリーニングと水洗いは、洗浄方法と落としやすい汚れに違いがあります。
ドライクリーニングは油が原料の有機溶剤で油性汚れをよく落とし、一方の水洗いは大量の水を使った洗浄で、汗などの水溶性汚れをよく落とします。

さらにもう一つの違いは、衣類を傷めずに洗えるかどうかです。
ドライクリーニングは型くずれや縮みが起こりにくいので、衣類にとって優しい洗濯方法といわれています。

油性の汚れ・シミを落とすならドライクリーニング!

ドライクリーニングは油性汚れを落とすのが得意なので、化粧品のシミやチョコレートなどの油分のある食べ物のシミを落とすのに最適です。

型くずれや縮みがきになるカシミヤやシルク素材の他、自宅では洗えないデザイン性の高いワンピースなどもドライクリーニングに出しましょう!

水溶性の汗汚れ・飲み物のシミを落とすなら水洗い!

水洗いはアルコールやジュースのシミなど、水で落ちる水溶性の汚れを落とすのに適しています。

汗をかいた洋服を洗うときは水洗いでも大丈夫ですが、ワイシャツなどの黄ばみの原因は皮脂汚れ(油性汚れ)なのでドライクリーニングもあわせて活用するのがおすすめですよ!

2つのクリーニング方法の違いを理解することで、あなたの悩みを解決するのにもっとも適したクリーニング方法を選べるようになります。判断できない場合は、本記事で紹介した予備知識を元にクリーニング屋さんや宅配クリーニングで相談することをおすすめします。

クリーニング料金相場の違い

ドライクリーニングと水洗いクリーニングの料金相場を比較しましょう。多くのクリーニング店では、洋服の種類によって水洗い対応・ドライクリーニング対応に分かれます。

ドライクリーニング 水洗い
ワイシャツ 200円〜400円 500円〜2300円
ブラウス 400円〜600円 800円〜2300円
スーツ上下 1200円〜2500円 3000円〜8000円

クリーニング料金はその内容や生地の種類によって上下しますが、一般的にドライクリーニングと水洗いでは水洗いの方が高い傾向があります。なぜなら通常、ドライクリーニングすべき衣類を水で洗うため、その分高い技術と時間が必要になるからです。

原則、ドライクリーニングに出すのを基準として、どうしても家では落とせないような汗や水溶性の汚れがある場合は水洗いに出すようにしましょう。

洗濯表示のドライクリーニングマークの意味

洗濯表示に「ドライ」マークがある服は、必ず「ドライクリーニングをしなければならない」という意味ではありません。誤解されやすいですが、このマークはあくまでも「ドライクリーニングをしても大丈夫」という意味です。

ドライクリーニングマーク以外に「手洗いマーク」や「洗濯機マーク」の表示があれば、洗濯機で洗うことが可能です。ただしデリケートな洋服は必ずネットに入れて、洗濯機のドライコースで優しく洗うようにしましょう。

ドライクリーニングに安く出すおすすめの方法

せっかくドライクリーニングに出すなら、なるべく安くて信頼できるクリーニング店がいいですよね。そこで本記事では筆者がおすすめする宅配クリーニングを厳選してご紹介します!

宅配クリーニングは、ネットの注文一つで自宅まで洋服を引き取り・届けに来てくれるクリーニングサービスです。一人暮らしを始めた人や近所にクリーニング店がない人はチェックしないと損ですよ!

リネット

宅配クリーニングのリネット

  1. 初めての利用で全品50%OFF!何点出しても送料無料
  2. リファイン加工、毛玉取り、シミ抜きなどのプレミアム仕上げが無料
  3. 業界初!最短翌日にお届けが可能

ホワイトプラスが運営するリネットは宅配クリーニングのパイオニアで、無料の抗菌無臭加工や毛玉取り・シミ取りなど幅広いサービスが人気の特徴です。お得な特典や割引クーポンを数多く提供しているので、初めての人でも利用しやすいですよ。

またお届けから30日以内なら無料で再仕上げをしてくれるので、宅配クリーニングを使ったことがない人でも安心して利用できますね。

さらに東京23区なら、早朝6時〜10時/夜間21時〜24時に1時間幅で配達指定ができる朝イチ便・夜イチ便が無料で利用できます。いつでも都合のいい時間に洋服を預けて受け取ることができるので、空いた時間を趣味にまわしたりして時間を有効活用できますよ。

スーツを汚してしまった時など急いでクリーニングしたい場合は、18時までのお預けで翌日21時〜24時に受け取れる速達サービスもあります。

洗濯ひとつに無駄な時間や労力を費やす時代はもう終わりです!リネットの宅配クリーニングを使った人だけが体験できる余裕のある生活を送りたくありませんか?お得な期間限定キャンペーンはいつ終わるかわかりません!安心保証つきのリネットの宅配クリーニングに今すぐ申し込みましょう!

公式ページを見る

カジタク

カジタク

  1. クリーニングが一律1,000円!コートが圧倒的に安い!
  2. 最長9か月の保管サービスで部屋の収納がスッキリ!
  3. 自宅引き取りで往復送料無料!

高品質な仕上がりで安いクリーニングをお探しなら、信頼できるイオングループのカジタクの宅配クリーニングがおすすめです。

カジタクはどんな洋服も一律1,000円でまとめてクリーニングに出せるのが大きな特徴です。例えばクリーニング代が2,000〜3,000円と比較的単価の高いウールコートやダウンジャケットは、通常より1,000円〜2,000円安くクリーニングすることができます!

さらにカジタクでは最長9か月間衣類を保管してくれるので、洋服で溢れた収納スペースをスッキリさせて、今まで入りきらなかった洋服を綺麗にしまうことができますよ。

クリーニング代の高いコートやかさばる冬服はカジタクの宅配クリーニングがおすすめ!長期無料保管サービスを活用して、限られた収納スペースを賢くスッキリさせましょう!送料無料なのであなたが損することは一つもありません!今すぐ申し込みましょう!

公式ページを見る

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

本記事ではドライクリーニングの特徴や水洗いとの違いについて紹介しました。

初めてクリーニングを使うと、意外と知らないことが多くて戸惑うこともあるかと思います。でも、例えば洗濯表示ひとつを気にするだけで、今までよりも洋服を大事にしたい気持ちが出てきませんか?筆者もそんな人間の一人で、クリーニングや洗濯について学べば学ぶほど手持ちの洋服に愛着を持つようになりました。

洗濯に時間を取られる日々とはもうオサラバです!日常的に新品のような着心地を味わいたい人はリネットを、無料保管サービスで家の収納をスッキリさせたい人はカジタクの宅配クリーニングを利用してお手持ちの洋服をぜひ末長く愛用してくださいね!